好転反応とは? – 8割の人が間違えている、温熱治療の好転反応

初めてこのブログをご覧の方へ

このブログでは、温灸器の使い方や選び方などなど、プロの治療家の監修の元、ご紹介をしています。

また当ブログでは、「温灸器の事をもっと知りたい!」という方のために、無料メルマガも配信しています(^^)

温灸器の事をもっと知りたい!

試しに使ってみたい!

という方は、ぜひお気軽にご登録ください。

※無料メルマガ内では、温灸器の無料体験会についてのご案内も、させていただいております。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    上記の内容でお間違いなければ、こちらにチェックしてご登録ください

    温熱治療の仕組み

    好転反応とは? – 8割の人が間違えている、温熱治療の好転反応

    こんにちは!ぽかぽか健康ショップありがとう、です(^^)

     

    さて、今回の記事では「好転反応」について、ご紹介をさせていただきたいと思います。

    好転反応について、最近では正しく理解されている方も増えてきましたが、

    それでもまだ、「真逆の意味」で好転反応を考えてしまっている方もおられます。

     

    好転反応、という言葉を聞くと、「良い方向へ/転じていく時の/反応」といったイメージを持たれる方が多く、

    「良くなっていく反応なんだ!」と、そのままの漢字の通りに理解をされます方も少なくありません。

     

    つまり、例えば肩凝りに悩んでいたとしたら、

    「好転反応というのは、この肩凝りがマシになっていく反応なのでは?」

    といった誤解をされるのです。

     

    でもこれは、正しい好転反応の意味とは、少し異なっています。

    もちろん、好転反応は「治っていく流れの中で起こる反応」ですので、良い方に向かっているのは間違いありません。

     

    この部分について、今回はご紹介をさせていただきたいと思います。

    分かりやすくご紹介をいたしますので、ぜひご参考ください。

     

    温熱治療などで好転反応が起こると…?

    肩凝りを治すために、温熱治療で肩を温めたとします。

    そうすると、どうなるでしょうか?

     

    好転反応として代表的なのは、「一時的に、肩凝りが酷くなったり、治りかけたと思ったのが再発する」といった反応です。

    温熱治療によって、良い方に進んでいくと、一時的に肩凝りが酷くなったり、

    治りかけていた肩凝りが一時的に再発したりするのです。

    その後、また肩凝りが無くなっていって、最終的には治っていきます。

    これが、好転反応を含めた、改善の流れの一例です。

     

    これは、病気に限らず、色んなことの「成功パターン」と共通している部分があります。

    少しご自身の過去について、思い出してみてください。

    何かを達成した時や、成し遂げた時、何の問題もなくスムーズに進んでいきましたか?

     

    もちろん中には「スムーズにいったよ」というケースもあると思いますが、

    多くの場合は、困難や挫折を経験しながら、「進んでは、少し戻り、また進んで…」というように、

    直線的ではなく、波打つように上下しながら、達成に向けて進んでいったのではないかと思います。

     

    温熱治療によって起こる好転反応も、これとちょっと似ているのです。

     

    良くなっていく流れの中で、一時的に悪くなったり、元に戻ってしまう。

    これが、好転反応なんですね。

     

    好転反応はナゼ起こるの?その理由は…

    ところで、好転反応というのはナゼ起こるのでしょうか。

    それにはいくつかの理由がありますが、まず「西洋医学」と「東洋医学」の違いを考えてみたいと思います。

     

    好転反応というのは、東洋医学の世界でよく使われる言葉なのですが、

    東洋医学では、病気を治すために「全体のバランスを整える」といった考え方をします。

    つまり、肩が凝っていたり、腰が痛むといった症状に対して、必ずしも、肩や腰だけに問題があるとは限らない。

    むしろ、背骨や脚など、全体のバランスの崩れによって、肩凝りや腰が痛むという「結果」になっている。

     

    このような考え方をします。

     

    このことを「根本治療」と呼ぶ方もおられますね。

     

    それに対して西洋医学というのは、基本的に「肩が痛ければ肩を」「腰が痛ければ腰を」というように、

    痛みを訴える患部の「痛みを取り除くことで治す」という考え方をします。

     

    西洋医学的な考えだと、根本的な原因は解消していないため、一時的に痛みが取れても、

    再発をする可能性があります。

    一気に痛みを無くしてしまえるというメリットがある反面、西洋医学には、こういったデメリット、弱みがある、とも言えます。

     

    それに対して東洋医学では、「全体のバランスを整える」という事になります。

    たとえば、「骨盤が左右でズレている」という状態が慢性化すると、ズレによって崩れた身体のバランスをとるため、腰や肩に負担を掛けます。

    それが、肩凝りや腰痛になっているかもしれません。

    そこで、「骨盤のズレを治す」という治療を行うと、それが根本治療となるわけですね。

    しかし、今までずっと「ズレているのをカバーして、かかっていた負担」がなくなることで、

    すでに麻痺してしまっていた痛みや、抑え込んでいた疲れ、ストレスが、ドッと吹き出てしまう事もあるのです。

     

    これが、好転反応の一つです。

     

    好転反応が起こったら、どうすれば良いの?

    好転反応が起こったら、まずは診てもらっている治療家、先生の方に、症状を相談してみるのがオススメです。

    あまり良くないのは、「痛むから、ちょっと揉んでおこう」といった自己判断をしてしまうことです。

     

    好転反応は、しっかりとしたプロの先生に診てもらっている場合、

    相談すればすぐに、それが好転反応なのか、それとも新たに痛みが生じているのかを、診断してもらえます。

     

    好転反応だった場合は、痛むからと言って自分でマッサージをしたり、湿布を貼ったり、対処をしない方が良いケースが多く、自分での判断は「せっかく治ってきている症状が、元に戻ってしまう」という事になりかねません。

    最初はまず、診てもらっている先生にご相談されるのがオススメです。

     

    もしそれで答が出なかったり、違和感、不安を感じるようでしたら、

    こちらまでお問い合わせいただければと思います。

     

     

     

    好転反応の種類

    好転反応には、実にいろいろな種類があります。

    それらの反応は、好転反応なのか、それとも悪くなっているのか、判断が難しいのですが、

    大きく4つに分類することができます。

    弛緩反応

     

    ・遺物に過敏になることで起こる好転反応

    ・排泄されることで起こる好転反応

    ・恢復することで起こる好転反応

     

    まずはこれら4つについて、ご紹介をいたします。

     

    緩むことになって起こる好転反応(弛緩反応)

     

    遺物に過敏になることで起こる好転反応(過敏反応)

     

    排泄されることで起こる好転反応(排泄反応)

     

    回復することで起こる好転反応(回復反応)

     

     

    無料メルマガ登録

     

    温灸器ブログでは、「温灸器の事をもっと知りたい!」という方のために、無料メルマガを配信しています。

    温灸器の事をもっと知りたい!

    試しに使ってみたい!

    という方は、ぜひお気軽にご登録ください。

    ※無料メルマガ内では、温灸器の無料体験会についてのご案内も、させていただいております。

      お名前 (必須)

      メールアドレス (必須)

      上記の内容でお間違いなければ、こちらにチェックしてご登録ください

      温熱治療の仕組み温熱治療の基本
      松岡院長について
      勝彦松岡

      こんにちは!ぽかぽか健康ショップありがとうの店長、松岡勝彦です。このブログでは、初めての方でも安心して、そして満足にお使いいただける温灸器のご紹介と、その使い方や選び方について、ご紹介をしています。

      勝彦松岡をフォローする
      勝彦松岡をフォローする
      温灸器On-Q専門ブログ
      タイトルとURLをコピーしました